スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン26

本日は1時間。(嬉)
レッスン前に‘アンサンブル’についての話あり。

『考えたんですけど2曲やりましょう!』
「えっ?」
『gaboさんは‘Lost Theme’の主旋律で○○さんは下のパート。』
「はい、、、」
『で、○○さんは‘Yesterday'の主旋律を弾くのでgaboさんは下パートで』
「あ、、、はい。………って2曲ですかっ!?」


アンサンブルは同時に(?)2曲やるつもりらしい。(汗)
ま、発表会で弾くんじゃなければ何曲でもいいわ♪

……………ハッ!
ま、まさか2曲とも発表会用に考えているんじゃ、、、
ないですよね、先生?(←怖くて確認できません!!)

しかし‘ビートルズ’の曲かぁ。
結構好きな曲あるのよねぇ。
私が思春期の時にすでに過去の人だったけど、その曲達は新鮮だったな。
現代に至っては約40年前の音楽だけど、今の若い人は知ってるのかな?
ま、‘ビートルズ’を知らなくても聞いた事のある曲はあるだろうけど…ね。

彼らの曲の中で1番好きなのは「Michelle 」

ちなみにこんな曲→「Michelle 」 注意!クリックすると音鳴ります
「Michelle 」の歌詞はこちら→「 I Am The Beatles.com 」(英語です)

*****************************
『ミッシェル』(Michelle)は、1965年に発表されたザ・ビートルズのアルバム『ラバー・ソウル』に収録されているポール・マッカートニー作のバラード曲。
1966年度グラミー賞最優秀楽曲賞を獲得した。
冒頭のベースの半音階で下降するコード進行はクリシェと呼ばれる典型的なパターンであるが、ポール自身は「ジョルジュ・ビゼー風に書いた」と発言している。
これは、歌劇『カルメン』のハバネラ「恋は野の鳥」(半音階で下降するメロディが特徴)をヒントにしたものであろう。

~出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』~

*クリシェとは・・・同じコードが連続するとき、基本のコードは変えずにそのコードの構成音を変化させひとつのメロディーラインを構成させる技法。
*****************************

あ、この‘クリシェ’って「Lost Theme」にも通じるトコがあるわね。(笑)

クリシェのコード進行参照→「初心者の為の作曲講座」


…ハッ!!!
ま、またViolinとは関係ない話に進んでしまっている、、、(大汗)

気を取り直して本日のレッスン。
初めに篠崎教本58p~59p

 122番 旅愁
 123番 ジングルベル
 124番 春(セミレガード奏法)


いつもの通り音階練習から。
今回3回目で合格なるかっ!?の「旅愁」
「レ→ソ」の同じ3指を使った移弦が上手く音が鳴らず注意されるも最終的に○。(やったぁ~♪)
引き続き季節はずれの「ジングルベル」は比較的私が弾き易いメロディの為1発合格。
気を良くして次の「春」もレッスン。
これは‘結構難しいな’と思っていたので引き続き課題。
……かと思ったら
『強弱が弱いトコがあるけど…まぁいいでしょう』
と○を!!(驚)

私、、、スタッカートとかリズムが早い(明るい)曲が得意みたいでっす。(爆)
ま、反対を言えばゆったりとしたもの哀しい曲は苦手かと、、、(←大好きなのに…涙)

教本終了後はいつもの「Lost Theme」。
左指の固定が悪い為音が安定してないと指摘される。
4の指を使うときは必ず1~3の指を置くこと!!
あらっ?
ワタクシとした事が、、、
オホホホホッ。(大汗)

そして最後に先生から爆弾発言(?)が。

『来週から一つ教本を増やします♪』
「えっ?」
『私と一緒に(Violinで)合奏してアンサンブルの練習です』
「あ…はい」
『楽しいですよ』
「でも…教本2冊と「Lost」のレッスンになるんですよね?レッスン時間が、、、」
『大丈夫です。私も昔、4冊の教本同時進行で30分のレッスンでしたから♪』
「・・・・・・はい。よろしくお願いします」(ちょっと涙目)


私はこのペースについていけるのでしょーーか!?
……ま、いいか。
Violinが弾ければ。(笑)

テーマ : バイオリン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

gaboさん、明るい曲が得意なのですね~v私は・・・どっちも平等に苦手かも;

教本増えるのですか!?大変そうですが、色んな曲が弾けるっていうのは楽しそうで羨ましいです~v
・・・っていうか4冊同時進行ってすごい先生ですね。しかも30分;
その先生の先生もそんな課題を出すなんてすごい気もしますが(笑)

一人で弾くのもいいけどアンサンブルも楽しそうですよねv頑張って下さい!

それから、ブログのタイトルを変更して下さってありがとうございました~**

♪天夜さん♪

私、性格がセッカチだからか、ゆっくりしたリズムが体内リズムの中に無いみたい、、、(えっ)
天夜さんだったら‘ゆっくりめの曲’がキレイに弾けそうだけど…。
や、イメージ的に。

先生の教本は‘音階練習用’と‘メロディ’と‘和音’とその他(忘れた…)の4冊だったらしい。
すっごい中身の濃いレッスン時間だったでしょうねぇ。
私にはムリだわ。

あ、先生も「短くって…もっといろいろ聞きたかったです」って言ってたよ。

爆弾発言?

gaboさんの先生も爆弾発言?・・(笑)
どんな教材やるのかなぁ~ ホーマンとか?
アンサンブルの練習って楽しそうですね~ いいな。
で、30分のレッスンなんですか、これからも?

>4の指を使うときは必ず1~3の指を置くこと!!
小指だけで押さえるって、難し~ことやってたんですね(汗)
gaboさん、スタッカートが得意なんてうらやましいな。
私はスタッカート苦手。
どっちかと言えば元気な曲よりは、しっとりした曲の方がいいかな?

これから○○さんとのアンサンブルのお話も楽しみにしてます♪

頑張ってください!

おおっ!アンサンブルの話がちゃくちゃくと進んでますね。
ビートルズは中学校の英語の時間にその曲習いましたよー。
先生が「これは…失恋した時に聞くと…もっと落ち込んで…自殺したくなります」
と下向きながら言ってたので、たぶんクラス全員が(先生、失恋したの!?大丈夫?)
と心で突っ込んだなぁという印象深い曲です(笑)

教本も増えるみたいで、頑張って下さいねー!!
そっかー、先生は4冊同時かぁ。私も甘い事言ってられないね!頑張らなきゃ!
アンサンブルのお話もまた楽しみにしてます!

♪フルフルさん♪

あ、新しい教本ってそんな名前だった!(笑)
値段もお手ごろだし(確か800円位)楽しそう…なんだけど、楽譜読み大変そうな気が…。
その教本、何だかオタマジャクシが一杯あった様な、、、
あれ?
それとも合奏用だから目の錯覚!?(えっ)

>小指だけで押さえるって、難し~ことやってたんですね(汗)
や、あのぉ~時々やらない?
特に上の音から降りてくる時に使う4の指の時、、、
A線のシ(1の指)からD線のラ(4の指)へ移動する時とか、D線の4の指しか押さえてないでしょ?
……そ、それともその時点で4本の指は通常押さえるモノなのかしら???(汗)
それ以外でも、2の指とか3の指が浮いている事少なからず、、、(大汗)
今気づいたけど私指の置き方間違って…る?
だから音が安定しない??

えぇ~~~と、先生の指はどーなっていたかな?
…って、私先生の指はよく見るけど記憶に残ってないや。(撃沈)
今度確認してみよう、、、と。

あ、スタッカートはキレイな音じゃないけど‘雰囲気’でね。(爆)
フルフルさんが‘しっとりした曲’が合うのは分かるわぁ~~~!!
そんなイメージだもの。

○○さんかぁ。
いつまでも○○さんじゃ可哀相よね。
う~~~~ん。
何か名前を考えようっと。(笑)

♪花音さん♪

え、えぇ。
話は進んでるけど実際に実現するのはいつだろう、、、(遠い目)

アハハハハハハハハハ!!
花音さんの先生になる人ってとっても個性的な人ばかりなのねぇ。(←違っ)
でも、英語の時間に「Michelle」とは…。
粋だわっ!
例え先生が失恋したばかりでも。

花音さんは大変だけど一読者としてはとっても楽しい参考になる読み物なんで先生との「ボケ&突っ込み(心の中限定)」をこれからも夜露死苦!

きゃ~ミッシェルは大好きな曲です♪
でもハバネラをヒントにしたとか、クリシェとか、全然知らなかったです。
勉強になります!

○○さんが主旋律をやる曲がYesterdayとは、gaboさんの先生ったらイメージで選んでませんか。
gaboさんの先生は、ご本人が一番楽しんでレッスンをなさっているような気がしますわ~。
素敵な先生ですね!

来週から教本増えるのですね。アンサンブルの練習とは楽しそう~~。

あ、「夜露死苦」発見!!

私の場合

>A線のシ(1の指)からD線のラ(4の指)へ移動する時とか
 D線の4の指しか押さえてないでしょ?
……そ、それともその時点で4本の指は通常押さえるモノなのかしら???(汗)
それ以外でも、2の指とか3の指が浮いている事少なからず、、、(大汗)

音を出して確認してみたよ~
えっとね、私の場合は、1の指をしんどいながらも残して4を押さえてる、かな。
または届きにくくてやや浮き気味になってても重心はまだシに残ってるみたい。
・・っていうか、音を出す前に指って準備するよね~?
シの音が鳴っている時点で指はラ(の近く)に用意してるから
離してから押さえるっていう方がもっと難しいようなカンジ? 
(私の場合だけどね)
でもそれを苦もなく出来るってのは、すごいことだワ~ 
先生に確認したら、良ければまた教えて下さいねっ!

>4の指を使うときは必ず1~3の指を置くこと!!

無理です(キッパリ)。
いや、すみません、私これかなり辛いです~・・・。

それにしても、楽しそうですね! 先生が特に。
きっと先生、すっごい楽しいんでしょうね~。

>私はこのペースについていけるのでしょーーか!?
>……ま、いいか。
>Violinが弾ければ。(笑)

こんな風に、張り切って練習して、上手くなっていく生徒さんが居て♪

アンサンブル、楽しくがんばって下さいね!

♪るるこさん♪

キャッ!
るるこさんも好き?
ミッシェル好き??(嬉)
あ、でも↑でリンクしているポールが歌うミッシェルはあんまり好みじゃないなぁ。
昔の純粋のメロディの方が私は好きだなぁ。(笑)

ハバネラとかクリシェとか私も知らなかったの。
…ってか音楽に関して言えば超初心者だから!

先生はいつも楽しいそうだけど、自分好みの曲だとレッスン終了してもその練習曲を口ずさんでいるから。(爆)

新しい教本は「次回から」って言ってたから、明日かな?
週に2~3回レッスンがあると、嬉しいんだけどレッスン時間が少ないのがねぇ、、、(汗)

ウフフフフッ♪
夜露死苦ね。

♪フルフルさん♪

きゃぁ~~~!
わざわざ実演までしてくれてあ・り・が・とーーーー!!!

>・・っていうか、音を出す前に指って準備するよね~?
そうそう。
先生からよく言われる事なんだけど、右手を懸命に押さえようとすると1本にしか集中できないみたいなのよ、私。(えっ)
だからいつも音が安定しないの。
今日、↑の事をふまえて練習したけどやっぱり必要以上に2・3の指が離れている事に今更ながら気づいたわ、、、(大汗)
先生からも「弓は右手を押さえてから動かして!」と毎回注意されているし、、、(涙)

>でもそれを苦もなく出来るってのは、すごいことだワ~ 
‘苦もなく’じゃないのよぉ~~~!
他の指が弦を押さえていると4の指が届かないから、、、(爆)
はい。
明日確認してきまぁ~~す!

♪KOTOKAさん♪

あ、KOTOKAさんって私と同じ?(喜)
やっぱりムリよねぇ、、、どー考えても。(えっ)
で、でも、ここを‘クリア’しないと私達に未来は無い!…かも?
う~~~~ん。
どーやったら押さえる事が上手く出来るかなぁ、、、
やっぱり2・3の指の間を伸ばす運動を地道にやるしか…ないのか???

アハハハハハハ!
張り切っている訳じゃないけど、、、(←ホント?)
でも、早くキレイな音でviolinを奏でたいのよねぇ。(しみじみ)

教本が

1冊増えるのですね。。。gaboさんの先生は、ヤル気満々ですね!(笑
頑張って、食らい付いて行ったら、素晴らしく上達なさることでしょう♪
頑張って下さいね。おっと、私も練習しなくっちゃ(汗

♪華さん♪

そーなんでっす!
1冊増えました!!(笑)
篠崎教本だけだと足りない部分があるらしく、、、(苦笑)

華さんはテニスにバイオリン、さらに‘美味しいモノ食べる会’に、、、(えっ)
いろいろ忙しいみたいね。
きゃ、華さんも頑張って練習するなら私はもっと頑張らないと、、、(汗)
プロフィール
ある日突然
「バイオリンが弾きたい!」
と思い立ち始めたバイオリン。
レイトスターターですが何か?
最近のコメント
最近の記事
♪リンク♪
リンクフリーです!でも一報頂けたらとっても嬉しいでっす♪
カテゴリー
メール

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。